結婚をしてからの仕事との両立

家事と仕事の両立がうまくいかない

私は32歳の主婦です。
半年前に長年勤めていた会社を退職し、現在は主婦業をしながら子供の頃からの趣味である手芸でいろいろな小物を作成しています。
以前から興味のあったプログラミングなどの勉強をしたりと、充実しつつものんびりとした日々を送っています。

お付き合いを初めてから1年が過ぎた頃から私の中では『結婚するならこの人と!』と思ってはいたものの、言い出す勇気や、様々な環境からタイミングがつかめず、4年以上の付き合いを経てやっと結婚したのが約2年前です。

ですが結婚当初から今のようなのんびりとした生活が出来ていたわけではありませんでした。
というのも、会社勤めをしていた頃の私は、仕事を中心に物事を考えてしまう性格で、家庭のことよりも仕事を優先してしまっていたからです。

仕事で帰りが遅くなり、家事がおろそかになってしまうことも多々ありました。家事と仕事を上手に両立できないことは、自分自身に対してのイラ立ちにもなっていました。

私は仕事中心に物事を考えてしまう仕事人間ではありましたが、常に最前線で仕事をし続けていこうという気持ちは若い頃からありませんでした。

そのような気持ちがないからこそ、仕事中心の自分にイラ立っていたのだと思います。
ですが、自分自身に対するイラ立ちはあったものの、大きなストレスになることはありませんでした。

というのは、主人は私の仕事に対する考え方や姿勢に理解をしてくれていたので、家事がおろそかになっていることに怒ることはありませんでしたし、時には協力をしてくれていたので大きなストレスにはならなかったのだと思います。

そんな日々を続けていく中で、今後の自分のことを考えていくことが多くなりました。
30歳を過ぎたことで、女性として妊娠、出産、子育てに対して考えることが多くなりました。

そんなタイミングで、会社が変革期になりこのままの働き方を続けていくと本当に家庭を顧みない状況になりそうになっていました。

以前から何度か会社を辞めようと思ったことはあったのですが、会社を辞めてしまうと自分の居場所がなくなってしまうように感じていた私は、他の職種に興味があったのにも関わらず決断もできないままずっと同じ職場で働いていました。

仕事場以外で自分の居場所を見つけることができた

そんな私が会社を辞める決断ができたのも主人のおかげでした。
私が以前から思っていたことや、その時の仕事の状況、今後に対する不安もすべて主人は理解してくれていて、いつでも的確なアドバイスをくれました。

と言っても私が言うことをすべて了承してくれるわけではなく、私が間違っているときは間違っていると真っ直ぐ否定してくれます。そんな主人も私が仕事を辞めることに賛成してくれたことで、背中を押してもらい現在の生活を手にしています。

結婚する前の私は、仕事場でしか自分の居場所を見つけられず、でもそんな仕事人間の自分を好きにはなれず、いつも心のどこかで葛藤していました。
葛藤しつつも新しいことを始める勇気も持てず、ずっと同じ日々を繰り返し、この先もずっとモヤモヤした気持ちを持ったまま生きていくんだろうなぁと思っていました。

ですが主人と出会い、結婚できたことで、自分の居場所を見つけ、穏やかな気持ちで日々の生活を送れています。

自分のことを理解してくれる人が近くにいるということはとても心強いです。
そんな人がそばにいてくれるだけで、今まで漠然と抱いていた不安からは解放されます。自分が間違った道に進みそうになったときに道を正してくれ、不安な時は優しく不安を解消してくれる、そんな主人に出会えて本当に幸せです。

結婚というのは、自分にとって必要であり、とても大切な人とずっと一緒に生活していけるとても素晴らしいことです。
結婚でしか得られない素晴らしいものはたくさんあります。きっとこれからもそんな素晴らしいものをもっともっと手にしていけるのだと思っています。