婚活でモテる女性が共通する特徴とは!

男性でも女性でもコミュニケーション能力や、コミュニケーションに対する認識は大きく異なります。

コミュニケーション能力はお見合い・カップリングパーティ・合コンなどの婚活でも、初めて出会う異性にモテたりモテなかったり、人気者になるかを瞬時に決める要素となります。

若い頃であれば恋愛をしても女性は特に努力をしなくても、男性から声がかかったりアプローチを待っていればいいかもしれませんが、婚活では逆に女性から男性にアプローチをします。

女性に対して男性が占める割合が少ない婚活では、積極的にならなければ結婚できない30歳前後のアラサー40歳前後のアラフォーの女性が増ています。

もし、貴女が本気で結婚したいと望むのであれば、気になる相手の男性から好意を抱いてくれるように、また話しかけやすい雰囲気づくりをしなければいけません。

結婚をしない男性が増ている昨今では良い男性と出会い、普通に結婚して妻や奥さんと呼ばれることさえ難しい時代です。

しかし実は女性は少し意識改革をするだけで、簡単に男性にモテる女性に変身できるのです。
そんなモテる女性へと変身するにはどうすればいいのか、婚活でモテる女性の共通する特徴を学んでいきましょう。

婚活でモテる女性の共通する特徴

1.常に笑顔で誰が見ても感じがいい

いつ見ても笑顔の女性っていいですよね。
笑顔ってとても大事で、素敵な笑顔で微笑んでくれるだけで男性はメロメロになります。

カップリングパーティや合コンなどの婚活の場でも、常に笑顔の女性はモテるって知っていました?

どんなにきれいでも緊張していると笑顔がなく、どこか冷たい印象を男性に与えてしまいます。

会社でも常に笑顔の女性がいるだけで、男性社員のやる気がぜんぜん違うと言います。
会社に限らず婚活の場でも笑顔の女性は周りを和やかにしてくれ、カップリングパーティや合コンなどに参加している男性も、笑顔が素敵な女性は誰が見ても感じがいいと思うものです。

笑顔が素敵な女性はそこにいるだけで、その場の雰囲気を明るくしてくれます。
会社という戦場で戦っている男性にとって、疲れて家に帰ってきた時にこんな女性が妻ならどんなにいいだろうかと思うはず。
つまり笑顔はこんな女性ずっと一緒にいたいと思わせる大事な要素で、逆に妻がどんなに美人でももし笑顔がなければ、男性は家に帰りたいとも思わないかもしれません。
つまり笑顔がない美人よりも、男性は常に笑顔の女性を結婚相手に選ぶということです。

2,経済観念を持っている女性

男性はもし結婚するのであれば、経済観念を持っている女性を選びます。
男性は、きれいで最新のブランドのバッグや服を着ている女性を好むと思っているかもしれませんが、もし結婚するのであれば結婚相手にそんなタイプの女性を選びません。

結婚するのではなく恋愛を楽しむだけであれば男性は、多少お金が掛かっても見た目が華やか派手な女性を好むかもしれません。
しかしいざ結婚すると考えた時に、そんなお金が掛かる派手な女性を選ぶでしょうか?

今の時代はサラリーマンの年収も減少傾向で、結婚しても共働きの夫婦がほとんどで専業主婦になれるのは、せいぜい5人に1人と言われています。
会社からある日突然にリストラを宣告されるか分からない今の時代に、
いざとなれば家計を切り詰めてでもやりくりをしてくれる女性を選ぶのも当然のことです。

3,コミュニケーション能力が高い女性

結婚相談所に入会するような男性は真面目で、これまであまり積極的に女性に声を掛けるようなタイプではありません。
どちらかと言えばむしろ無口で、性格も人見知りするタイプで、引っ込み思案な男性が多いようです。

そんな男性が結婚相手に望むのはコミュニケーション能力が高い女性で、仕事に疲れて家に帰ってきた時でも、そんな女性は自分が興味ない話でも関心があるように聞いてくれます。

また無口なタイプな男性に対しても、コミュニケーション能力が高い女性であれば、上手に家のことや子供のことを話してくれます。

聞き上手でコミュニケーション能力が高い女性は妻として最高で、仕事に疲れて家に帰ってきても家庭が明るくなりまた明日から頑張ろうという気になります。

4,完璧でない女性

男性にモテる女性というと顔がきれいでスタイルもよく、仕事ができる高学歴でキャリアウーマンタイプの女性と思っているかもしれませんが、実際には男性はそんなタイプの女性とは結婚したいと思っていません。

高学歴でキャリアウーマンタイプの女性と結婚しても、疲れるだけと思っている男性は意外と多いものです。

それに完璧な女性はデートに誘うにしても、隙をまったく感じさせない雰囲気を持っています。

男性は高学歴でキャリアウーマンタイプの女性よりも、意外と隙があるデートに誘いやすい女性を好みます。

意識して隙がある女性を演じることは難しいかもしれませんが、肩の力を抜いてあまり気負わずに普段の自分を相手に見せるだけでもいいと思います。

5,相手に求めるハードルをあまり高くしない

結婚相談所に入会している女性のなかには、見た目も悪くないのになかなか結婚できない女性がいます。

このような女性のなかには相手に求めるハードルが高く、高学歴で高年収の男性にターゲットを絞っていてなかなか結婚できない場合があります。

特に30歳前後のアラサーを過ぎると女性は、結婚相手である男性に求める条件が高くなる傾向があるようです。

30歳を過ぎると女性は男性の見た目よりも、年収600万円以上とか収入に関して極端に条件が厳しくなりがちです。
結婚相手である男性の年収が少しでも多いほうがいいかもしれませんが、今の時代はいつ会社からリストラを宣告されるか分かりません。

会社が倒産したりご主人が失業した時は、貴女が家計を支えないといけないかもしれません。
相手に求めるハードルをあまり高くしないで、会社が倒産したり失業した時でも、この人ならついていけると思えるような相手選ぶべきです。