結婚相談所では出会って3回目には結婚の話しをしたほうがいい

結婚相談所に入会する男性は当然、結婚したいと思っていますが、

全員が結婚に積極的かというと、いざ結婚の話になると決心がつかない優柔不断な男性もいます。

これは結婚相談所に限った話ではありませんが、肝心な結婚の話になると決心がつかないのか
逃げてしまうタイプの男性が必ずいます。

結婚願望があまりない男性

恋人がいるのに30代でまだ未婚の女性にその理由を聞くとさまざまな答えが返ってきます。

その中でも意外に多いのが、長い期間つきあっている恋人がいるのに相手に結婚願望があまりないというケースです。

女性に魅力がないかというととても素敵な女性ばかりで、結婚願望があまりない恋人と長年つきあっていたというだけで結婚できなかったのです。

一般的に男性はあまり結婚願望がないもの。

女性には理解しがたいかもしれませんが、男性は一般的にいつまでも自由でいたいという本能があります。

女性とは違って、子供はある程度の年齢になってからでもいい、と思っている男性は少なくありません。
男性には余裕があるかもしれませんが、高齢出産にはリスクがある女性はそういうわけにはいきません。

子供を欲しいと思っている女性は一般的に1年でも早く結婚し妊娠を望みますし、実際に女性のほうが男性に比べて結婚する年齢も早いのです。

これまで一緒に遊んでいた女友達が次々に結婚していき、独身のままだと話題も合わなくなってきて寂しさを感じます。

そしてだんだんと独身である自分に焦り始め、友達と同じように早く結婚したいと婚活を始めるのです。

しかしここで問題なのはたとえ婚活をしても、出会う男性たちが必ずしも女性が思っているように、結婚したいとは限らないことです。

男性は一人前の男性であれば結婚していないと社会的に認められないとか、子供が欲しいからそろそろ結婚しようとか

結婚を義務的に考えていることも珍しくありません。
つまり結婚相談所で出会う男性たちが、必ずしも結婚を望んでいるとは限らないのです。

会ってすぐに結婚について話しをする男性は結婚に対して積極的

本当に結婚したいと思っている男性は初めてのお見合いでも、積極的に自分の結婚に関する考えや結婚相手に対する希望についての話をしてきます。

自分の仕事や年収なども積極的に相手に知ってもらおうとしますが、結婚願望があまりない男性の場合は結婚に関しての話をしようとしません。

女性は初めてのお見合いであまり相手について質問することは控えますが、結婚しないといけないと考えている男性であれば相手の女性にいろいろ聞くのが普通です。

初めてのお見合いでは男性が質問してきたら、それに対して自分の結婚観について誠意を持って話し、相手との相性を確認するだけでもいいと思います。

もし3回会っても結婚の話がない場合

もしお見合いの相手と3回会っても具体的な結婚の話がない場合は、結婚したらどんな奥さんになって欲しいかとか、どんな家庭を希望しているかなど貴女から遠慮なく聞いてみましょう。

結婚が前提で結婚相談所から紹介してもらっているわけですから、出会ってから3回目になっても相手の男性から結婚に関して具体的に何の話もなければ、貴女からきちんと相手の気持ちを確かめましょう。

それによって相手がどれほど結婚に関して、本気に思っているのかが判断できます。
結婚相談所に登録している女性の中には自分から結婚についての話しをふり、相手の気持ちを確かめやっと結婚できたというケースもあります。

会って3回目までには結婚の話をすること

女性と男性では結婚の時期に関しても、こんなにも温度差があります。
女性はつい結婚を急ぐと、相手の男性に嫌われるのではないかと心配して、結婚について切り出せないものですがその必要はありません。

結婚相談所で紹介してもらった男性も結婚を前提として出会っているわけですから、お互いに結婚についてどう思っているか尋ねるのは当然のことです。

もしお見合いの相手と3回会っても具体的な結婚の話がない場合は、貴女から遠慮なく結婚についてどう思っているか聞いてみましょう。